› ガリバー漫遊記

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2018年02月05日

滝行

旅の漫遊の笠です!

アメリカ結婚式シリーズを一旦ぶった切りますが・・・、先日滝行に行ってきました!

場所は、福岡県糟屋郡若杉山にある、明王院へ。

インバウンド視察、そして「今年1年気合を入れて頑張るぞ!」という気持ちも込め、当日を迎えました。

朝8:30 に会社に集合、出発。

この時既に、パンツではなくふんどしの私。気合十分です。

明王院着



















明王院とは・・・
通称養老ヶ滝といわれる明王院。この養老ヶ滝は718年にインドの高僧、善無畏三蔵が開いたとされる滝で、不動明王を祀り修行したと云われている。弘法大師空海が唐より戻った際にこの滝で修行したとされ、今でもたくさんの修行者が訪れている、との事。
週に1回打たれに来る方もいるのだとか。


とても神聖な場所での修行にワクワク、そして初めての滝行にドキドキの私たち。




準備運動等をして、住職さんが来るまで各々の時間を過ごす。

そして、本堂にお参りをし、いざ参らん。




滝行場の気温は1・5℃。



まずは水の冷たさに慣れる為、軽く水浴び。

その後、まずは一人一人、「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」と7回唱えながら滝に打たれる。



まずは弊社代表の西山。
終わった後の表情が、「これはかなり冷たいぞ。」という無言のメッセージを出している・・・気がする。




そして私の番になり、いざ参らん!

清めた塩を、中央⇒右⇒左と順に撒いて、滝の水で、顔を3回洗う。

そして打たれる直前、「えーい!」と言って気合を入れる。

冷たい水が体の隅々にかかっていく。

とても冷たい・・・。かなり寒い。

そして、「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」と言うが、

水が冷たいせいか、声があまり出ない。

それでも7回言い切り、滝より出る際に再度、「えい!」と言って出る。

その後ぶるぶる震えながら、今度は3人で滝に打たれる。




そして、ここで住職さんが般若心経を唱える。

この時間がかなり長く感じ、最初の30秒程で、寒すぎて挫折しそうになる。

しかし、深呼吸をした後から、体の震えも止まり、ただただ冷たい水が全身に当たっているのを感じる。

この時はとてもすっきりした気持ちになっていた気がする。

その後、滝行が終わり、頑張った記念写真。




この時既に足がとてつもなく冷たく、感覚が無いというより、痛かった・・・。

「滝行初めてだから、楽しみっす!」とほざいていた、あの時の自分を殴りたい衝動に駆られる。

何はともあれ、滝行が終了し、とてもすがすがしい気分になり、リフレッシュできました。

とても寒かったけど、何よりもやり切った、という達成感があって本当に良かった。

また少し暖かくなったらやりたい。笑



滝行後の写真。

とても貴重な体験が出来ました。

住職さん、本当にありがとうございました!!!

皆様も機会がありましたら、是非お試しあれ。

Hope you all have a wonderful night.

See ya!!!



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 19:18Comments(0)漫遊

2018年02月05日

弾丸!アメリカ結婚式 その② 結婚前夜祭

皆様

旅の漫遊の笠です。
前回の投稿より、大分日程が空いてしまいましたがモーマンタイ。笑

アメリカ2日目、結婚式前日のお話です!

2日目、新婦の弟がホテルまで迎えに来てくれました。
そして、結婚式前夜祭の会場でもある、新婦ケイトリン(Kaitlyn)の家へ向かう我々。






メキシコより来たサムとも合流。約5年ぶり!

ケイトリンの家に着いた私達は、懐かしのメンバーとも再会したところで、リハーサルディナーが始まりました。


※リハーサルディナー:式前日に、新郎新婦や両家の両親、牧師等の司式者・付添人などで、リハーサルを行います。その後兄弟姉妹や親族、親しい友人を加えて開催される、食事会の事です。リラックスした雰囲気で、両家やゲスト同士の交流を図ったり、新郎新婦から身近な人たちへの感謝を表現する場となります。


日本ではあまり馴染みのない、このリハーサルディナー。普通日本であれば、結婚式当日に新郎新婦に会い、「結婚おめでとう!!!!タキシードもドレスも似合ってるよ!幸せになれよこの野郎!」と言う事がほとんどだと思います。しかし、それらを全て前日に言い切る事に。笑


さらに、リハーサルディナーでは、新郎新婦の要望で、ドレスコード(服装に規定を設ける事)がある事も。



ちなみに、今回のリハーサルディナーのドレスコードは、「1920年代」という、日本人にはかなりハードルの高いドレスコードでした。笑










私も彼女も、1920年代のアメリカの服装を頑張って調べ、辿り着いたのが、上2枚の写真。笑
彼女は1920年代の雰囲気を醸し出し、いい感じ。私はただの1920年代の貧しい変質者みたいになってしまいました。




サムと、パーティ大好きサウジアラビア人のハビービ(写真中央左)、エッチな日本語から、難しい日本語まで知っている、サウジアラビア人のアジーズ(真ん中)、サム(写真右)、アレックス(写真右上)。やっとアレックス登場。笑




新郎の家族とケイトリン














パーティは、夜の9時過ぎまで続き、とても楽しく終える事が出来ました。







しかし!!!リハーサルディナーが終わってもパーテーは終わらない!
そう、バチェラー パーティ(Bachelor Party)が待っているのです。

※バチェラーパーティとは、新郎独身最後の夜に、男友達が主催となって開く、独身最後のパーティの事です。
このパーティの内容は、例で言えば、男友達だけでストリ〇プクラブに行ったり、お酒を浴びる様に飲んで、とにかく酔っぱらう、等様々な手法があります。
大袈裟に言えば、映画「ハングオーバー(The Hangover)」のような感じ、と思ってください。笑
(一度見てください。とても面白いです。)


私たちも、「気が狂うくらいはしゃぐぞ!ストリ〇プクラブに行くぞ!」という事にはならず、「普通にお酒を楽しく飲んで、楽しくゲームセンターで遊ぼう。」という事になりました。笑
もの凄い格差を感じますが、サムや私の彼女等女性陣もいますし、何より極めつけは、新婦より「ストリップはダメ。」とのお触れが出ておりましたので、行けませんでした。笑



Netflix & Chill という、アルコールがやたら強くてまずいお酒。




I thought it was a really funny drink, so that is why i'd bought it but it turns out that was really horrible taste i have ever had.haha










とても静かで、健全なバチェラーパーティを終えた我々は、家に帰り、次の日の結婚式に備える為、家路に着くのでした。

帰宅途中、新郎のあきふみに、「たつ、明日式で日本語訳してもらうから、宜しく!」と言われ、「軽!自由か!」と思いつつも承諾した私でした。

いよいよ結婚式編です。

中々進むのが遅いですが、気長に読んでください。笑

それではまた!

Hope you all had a wonderful day!

See ya!!!



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:02Comments(0)弾丸漫遊記旅行

2018年01月13日

弾丸!アメリカ結婚式 その①

とっくに明けておりますが・・・、明けましておめでとうございます!!!

旅の漫遊の笠です。

本年も宜しくお願い致します!



昨年の話にはなりますが、アメリカ留学時代の友人の結婚式に参列する為、お休みを頂き、
彼女と一緒にアメリカへ行ってきました(^_^)

それではワクワク弾丸結婚式旅行を振り返ります!




フライトは、アシアナ航空利用で韓国経由ロサンゼルス行き!face01









行ってきます。









仁川空港のトランジットでは、華麗なオバショットを決め、幸先よく出発。










飛行機搭乗後、私の隣に座っている方が靴を脱いだ直後に、強烈な臭いが当たり一面に充満するというハプニング付の快適な11時間のフライトが始まったface07


機内食はとてもおいしかったです!












飛行機から見える夕日、朝日はいつ見ても神秘的で綺麗ですね。

そんな感傷に浸っている間にも、相も変わらず臭いを発し続ける隣の方icon41



「寝ればロサンゼルスまであっという間だろう!」と思い、眠くなるまでひたすらテトリスとソリティアをしていた。








そして・・・・!



ほぼ一睡も出来ないまま、ロサンゼルスに到着。笑

彼女も「全く寝れなかった。」と言い、心なしかげっそりしているface03








約$9で空港⇒市内に行けるバスに乗り・・・







ロサンゼルス市内に到着(^_^)





その後ホテルへ行きチェックインを済ませ、大親友のアレックス君と合流するまで、休息を取る私達。

写真が無いのが残念だが、アレックス君と約2年ぶりに再会し、

夜のロサンゼルス観光へ!




観光先はというと・・・


















やって来ましたハリウッド!!!

行ってみたい場所の一つでもあったハリウッド。

多くのタトゥーショップ、グラフィティ(壁の落書き)、ハリウッドサイン等々、有名なものはたくさんありますが、

やはり旅行者が一番行ってみたい所は、The Hollywood Walk of Fame!!! (ハリウッドウォークオブフェイム、「ハリウッド名声の歩道」とも言われます)



The Rock の愛称で親しまれている、ドウェイン・ジョンソン
調べて頂ければ分かりますが、恐らく私が100人束になって襲い掛かっても、勝てない方だと思います。




皆様御存知ジャッキー・チェン



すごい黒ずんでるドナルド・トランプ現アメリカ大統領



ハリウッド映画、「ワイルドスピード」で有名なヴィン・ディーゼル









そしてディズニー界からは、ドナルド・ダックや、ティンカーベル等々、
ディズニー好きにはたまらないであろうプレートもありましたface02



上の写真のように、約5km の歩道の間に、エンターテイメントで活躍、殿堂入りした有名人の名が刻まれた、星形のプレートが2400以上ありますface08

好きなハリウッドスターのプレートの前で写真を撮るのが醍醐味です!

皆様も好きなハリウッドスターのプレートを見つけに行かれては!?




大はしゃぎし、写真を撮った後、ターミネーター、Yes Man等々、数々のハリウッド映画にも出てきた、グリフィス天文台へと向かう。





















天文台に着いた我々を待っていたのは・・・・・

















「うわーーー。すごい。本当にすごいよ。」という、ボキャブラリーの無さを露呈してしまう言葉しか出てこない。

それほど綺麗な夜景なのです。













アレックス君に写真を撮ってもらう私たち。

それにしてもアレックス君の写真がほんとにないface03





一通り写真も撮り、景色を堪能した我々は、暗くなる前に撮れなかった、

ハリウッドに来たらこれでしょ!という、かも有名なHOLLYWOODサインを発見!!!
下記画像参照



暗かったので、撮れるか不安だったが、いける!と頑張る私。

































結果はこのざまです。
※真ん中に見える白いもやもやがそれです。

次来たら、絶対にリベンジしてやる!と誓いました。

その後、不完全燃焼でホテルに戻り、寝床についた私たちでした。








次回は、結婚前夜祭!

それではまた!

Hope you all had a wonderful night!!!

See ya!!!



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 20:07Comments(0)弾丸漫遊記旅行

2017年11月08日

フィリピンクイズ

ご無沙汰しております!

身長が 186cm ⇒ 187cm になった漫遊の笠です!(^^)!

突然ではございますが、先日のフィリピン添乗で、お客様と話題になった、フィリピン諸島に生息している、ある動物の問題を三択形式で出していきます!
全部で5問、何問答えられるかお試しあれ。笑

※答えは最後にあります。
※全問正解された場合でも、賞品等は一切ありません!!!

第1問!
この動物の名前は何!?



①ヒポポタ
②サイクスモンキー
③ターシャ




第2問!
この動物のフィリピンでの生息地はどこ?

①パロパロ島
②ボホール島
③バクラ島




第3問!
この動物の体長は約何センチ?

①10 cm ~ 12 cm
②90 cm ~ 120 cm
③120 cm ~200 cm





第4問!
この動物の主食は何?

①生肉
②大型動物のウ〇コ
③コオロギやバッタといった昆虫類等




最終問題!
第5問!

この動物は何をする事が出来るでしょうか?

①首を約180度曲げる事が出来る
②鋭い爪で果物を切る事が出来る
③太陽の日を浴びると、元気になり走る事が出来る


以上、皆さんは何問分かりましたか!?





答えは↓














問1:③ 問2:② 問3:① 問4:③ 問5:①




ターシャはセブ島より船で2時間程行った、ボホール島に生息しています。
身長は約10cm で、体重は約300グラムです。
とても繊細な生き物で、人間に触られたり、カメラのフラッシュを浴びせる等して、ストレスを与え続けると自殺してしまいます・・・。
出来る限りストレスを与えず、鑑賞したいものですね!

そんなターシャがいる、フィリピン・ボホール島に行かれたい方は、気軽に仰ってください!(^^)!

以上!フィリピンクイズでした~~~

Hope you all will have a wonderful day.
See ya!



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 16:03Comments(0)漫遊問題集

2017年10月19日

カミカゼ ウェストフィールド

ご無沙汰しております。
最近食べすぎでお腹が出てきてる笠です。

今回はフィリピンのあまり知られていない観光地のご紹介face01

私のフェイスブックなどで見られた方々もいらっしゃるかと思いますが、

フィリピンはマバラカットにある、カミカゼ ウェスト フィールド(Kamikaze West Field )です。







マバラカットと日本の関係性と言えば、

第二次世界大戦中の昭和19年10月25日、関大尉率いる、

初の神風特別攻撃隊の一隊、「敷島隊」5機がマバラカット飛行場より出撃し、

レイテ湾に展開中のアメリカ艦隊に突入。

見事戦果をあげました。

特攻攻撃成功を皮切りに、次々と各地で特攻隊が編成される事になったそうです。

このように、カミカゼウェストフィールドは、最初の神風特攻隊の出撃基地として有名です。

自国の為に、敵艦に体当たりをする日本人を、一部のフィリピン人は今でも「英雄」と呼んでいます。

現在の慰霊碑(写真1枚目)ですが、戦時中マバラカット周辺に住んでいた、ダニエル・ディゾンさんが

建てられました。

しかし、平成3年のピナツボ火山大噴火で慰霊碑も消滅icon198

その後、ダニエルさんは再び慰霊碑建立の為に奔走されます。

フィリピン政府や特攻隊員の遺族、又は元特攻隊員の方々からの寄付等で

再度慰霊碑を建立する事ができました。

そしてダニエルさんは、

「神風特攻隊をはじめ、大戦で亡くなった多くの日本軍人をどうか敬って欲しい。」と、
現代の日本の若者達に訴えているとの事。

考えさせられますicon16

そんなフィリピン人の思いが込められている慰霊碑、皆様も是非行ってみてはいかがでしょう。

※現在は入場規制が厳しくなっており、許可なく入れませんので、ご注意ください。

Hope you all will have a good night.
See ya!!!
  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 17:59Comments(0)漫遊

2017年09月21日

時計はアクセサリー

大変ご無沙汰しております!
久しぶりのブログ更新です・・・face07


つい最近フィリピン添乗に行った際、送迎のドライバーから、「時計はファッション」と言われたので、とある出来事を思い出した。

以前、「フィリピン人は時計を付けてる人が多いな~。」と良く思っていた。

時計と言えば、時間を確認しするための道具で、
中にはファッションとして着ている、おしゃれリーダーの方々もいるだろう。


しかし、『フィリピンタイム』と呼ばれる独特の文化を持つ彼らは、

時たまではあるが、空港送迎の待ち合わせ時間に遅れるやつもいれば、

平気で、「時間を見間違えてた!ソーリー!face03」と言ってくる者もいる・・・。

マニラの渋滞はすごいので、遅れる理由があるのは分かる。
しかしいくらフィリピンタイムとは言えど、渋滞と時間を分かった上で行動してほしい・・・。

遅刻してきた際は、はいつも注意している。

ゴルフ場にお客様を迎えに行っている時に、とあるドライバーが待ち合わせ時間より遅れてきた。
「時間を守ってくれないと困るよ!」、「何のために時計付けてるんだよ。」と叱ったら、

「遅れたのはごめん!でもこの時計壊れてるから時間確認出来ないよ!かっこいいから付けてるだけだよ!」と逆切れをされた事がある。

あまりに潔すぎて、言葉に詰まり、「次からは気を付けてくれよ。」と言ったのは今ではいい思い出だ。

するとそのドライバーは、「イエッサー!」と元気よく答えた。

時計はファッション、と言うフィリピン人たち。

時間守ってくれたらそれでいい。笑

※時計はファッション、というのは、一部のフィリピン人の意見であって、国民の総意ではありませんので悪しからず。




  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 13:07Comments(0)漫遊

2016年11月19日

~自然療法ツアー in オーストラリア~ その②

ホテルに荷物を預け、土日限定で開催されている定番観光スポット、ロックスマーケットへ~








オーストラリアでもかなりの知名度を誇るこちらの市場。
200以上のお店が開かれており、多くの人で賑わいますface02

「雑貨、お土産等をお探しの方々は、こちらでほぼ揃ってしまう。」と言っても過言では無いほど、多くの品がありますface08











その後、当たりを散策face02










滞在先のロックス周辺にある、バーニーアンド・ブライ保護区には、オーストラリに春が来た事を告げる、
綺麗なジャカランタが咲いていましたface02












その後は皆様と一緒に、市内観光へ。










「本当にここはショッピングセンターなのか!?」と思うくらい内装が豪華な、QVBにも行きましたface05
ショッピングを楽しみながらも、観光が出来る、という一石二鳥スポットface02

観光客、現地人共に多く、オーストラリア限定Tシャツや、アボリジニデザインの小物もありますface02

オーストラリアに行かれる際はぜひ立ち寄って頂きたい場所ですicon100




その後は、森本千佳さんにご紹介して頂いた、パンケーキ屋さんへ。




皆様が美味しく食事を楽しまれている中、私は、ホテルの屋上に行き、




夜景を撮り、部屋に戻りカップラーメンを食べ、夜の街を少し歩き寝ましたとさ。(笑)

とても良い好スタートを切れました!face03

まだまだ続くシドニー添乗!


Hope you all will have a wonderful night!
See ya:)

  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 12:32Comments(0)

2016年11月09日

~自然療法ツアー in オーストラリア~ その①




こんにちは!
季節の変化に追いついていない、旅の漫遊 笠です!face01

この度私が添乗に行かせていただいた国は、皆様もご存知、オーストラリアはシドニー。
あまり良くご存知じゃない方は、「南半球 コアラ カンガルー」とインターネットで調べてください!face02


というのは冗談で、簡単にオーストラリア紹介。

~オーストラリア~
面積:約760万平方キロメートル(日本のおおよそ20倍face08
人口:2,405万人
首都:キャンベラ
昔は、イギリスの流刑地で、罪人達が島流しに合う際は、オーストラリアに連れていかれていたのだそうface07
面積の割に人口は上記のように少ないが、何と食料自給率は300%を超えているface08
シドニーは、日本とは反対の季節になるので、私が行った時は春になったばかりでした。


春の訪れを知らせるジャカランタface02



オーストラリアの簡単紹介も済んだ所で、早速内容に入っていきます!








まずは福岡から出発する方々とお会いし、いざゆかん!icon09







羽田空港着後、急いで国際線に乗り換え、シドニーへ!face02



私が今回素直に感動したのは、こちら・・・






さすが日系の航空会社!
機内にウォシュレットが付いてましたicon06
まあ私は使わないのですが(笑)、これでもう、「飛行機にウォシュレットがないから海外には行けない!」という方は大丈夫ですねface02




映画も充実しておりました(最近流行り?の、「君の名は」を見てうるっと来たのは内緒)。



空港着後、パスポートコントロール(入国手続き)!


「長い列に並んで、態度の悪そうな職員に色々質問されるんだろうなー。」と明らかに偏見チックな事を思っていた所、

誘導職員が、「日本人はこちらでーす。」という様に案内をしていた。

職員に案内されるがままに、進むと、目の前にはこれが。




「遠くて何が何か全然分からん。」と自分でも思いますので、説明します。
シドニー国際空港には、 ePassport Self Service と言って、限定された国の人々(例:アメリカ・カナダ・日本・韓国・中国、その他8カ国程)は、機械を使っての入国手続きが出来る様になっている。
機械にパスポートを入れ読み取らせ、その後「あなたは犯罪者ですか?」という、どストレートな質問や、「持込禁止の物を持ち込んでいないですか?」等の質問に答えた後、カメラ認証をされ、OKであればゲートが開き、入国、という感じです。

長い列に並んで、職員と喋って、という事をしなくて良くなるのです!
16歳以上とは書いてはあるが・・・。明らかに16歳じゃない日本人の子も並んでいたので、そこら辺はまだ適当なのか?(笑)

その後、チェックがかなり厳しい、という税関をすいすいと抜け、空港の外に出る私達。
良くテレビで見るキャリーバッグをバーン!と空けられたり等はなかった。(笑)



















バスに荷物を詰め込み、その後専用車でホテルのある、ロックス(Rocks)へ~face02

こちらロックスは、オーストラリア最初の入植地。石畳の道や、路地が残るこの町は、イギリスからやってきた囚人たちが作ったと言っても過言ではありません。砂岩でできたテラスやコテージ、シドニー最古のパブが並ぶなど、歴史を感じる事の出来る場所にあります。

今回はこちらのロックスを拠点に、楽しいご旅行の始まりなのであります!

続きはまた次回(^o^)

Hope you all will have a wonderful night.
See ya:)

  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:41Comments(0)漫遊

2016年09月14日

ふぃりぴん出張②

フィリピン出張2日目。

まずは朝市に出かける為、7時30分にロビーに集合。
「朝市で朝食を食べよう!」と意気込む私face02

メトロ・マニラにある、マカティのやや南西当たりに行く。
現地の人々は、ここら辺一帯を「レガスピ」と、別称で呼んでいるそうだ。
ここで毎週日曜日に開かれる「レガスピサンデーマーケット」
このレガスピサンデーマーケット、朝8時くらいから準備が始まり、午後2時くらいまで行われている。

お食事処等は早くから開き、雑貨屋さん等はぼちぼち開いていく様だ。







外観はこんな感じ。

ちなみに上記2枚に写っている、黄色い服を着た男が前回登場した、オネえ系のディエゴです。

では市場での私の雄姿をご覧ください。



さっそく美味しそうな揚げ物屋さんを発見!



サワガニ?の揚げたやつがあったので、買いました。うまそう!やっほーい!face03



足とかハサミが口の中で刺さりまくってめちゃめちゃ痛い・・・。だが美味しい!



色んな料理があります。



続いてはこちら!豚の血やその他臓器、肉等が混ざったもの!(笑) ※料理名を失念致しました
今回のフィリピン出張において、一番のゲテモノ料理!face07(笑)



臭いは・・・上手く表現できない。甘い?
色は・・・黒に近い茶色。



フォークですくってみると、凄いドロッとしてる・・・。face08









食べてみる・・・。








お、美味しかったです。真顔

味は何というか、無理やり濃い味付けにしている感じだ。

現地の人々はこれらをパンに付けたり、甘いもち米等と一緒に食べるそう・・・。

ここだけの話、あの豚料理?をパクパク食べるディエゴを見て、素直に関心したw

いやー、一口目は先入観もあったからか、凄い・・・まずかったです!(笑)





その他にもパクチーが強すぎる生春巻きや





ビタミンが豊富な有名果物「マンゴスチン」
タイでも食べました~




とても甘いよ!と言われ、やった!!!お口直しに良いじゃん!と大興奮な私。













「めちゃんこ酸っぱいやないかい!」と普通に日本語で突っ込んでいた私。周りの方々大爆笑。

そう、とても酸っぱかったんです。「あ~、ビタミン吸収してる。」という様にとても分かりやすくビタミンを摂取できました。
「甘い時もあれば、酸っぱい時もあるみたい。」と言われる。早く言いなさい!(笑)

その他にも、市場には様々なものが売られていました。



最近フィリピンで流行りのタイヤのバッグ。

本物の廃タイヤをバッグに再利用しているもの。

本気で買おうと悩む私w

聞いたところによると、この市場は、フィリピンでも中間層、もしくはそれ以上の方々が買い物に良く来る場所らしい。

確かに私が見ただけで、市場内に警備員が3人以上いるし、駐車場にも警備員がいる。
かなり安全な場所だ。

いや~、朝からかなり濃い経験をした私www

~続く~

Hope you all will have a wonderful night:)
See ya!!!



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:27Comments(0)漫遊

2016年09月10日

ふぃりぴん出張①




皆様お久しぶりでございます。

最近彼女が出来て、会社ではおとなしく、プライベートでは調子に乗っている、旅の漫遊の笠ですface03

先日行ってきた、フィリピン出張について書いていきます。

「笠は一体フィリピンに何をしに行っているのだろう?」

と思われた方もいらっしゃるかと思います。

中には、「フィリピンで美味そうなもの食いやがって。」だとか、「何かスーツ来てるけど、どうせ遊びやろ?」

という様に、友人から嫉妬心もありつつ、ストレートな連絡がちらほら送られてきました。楽しそうな写真をひとまず送り、無視を決め込む私。

毎回のように言いますが、やはり持つべきものは友ですね。(笑)


そんな事は置いといて、今回私は、フィリピンはマニラにておこなわれた、Philippine Travel Exchange (通称PHITEX)に参加致しました。

PHITEX実行委員会が主催しており、フィリピン観光省、フィリピン航空などが後援をしている、フィリピン最大の旅行商談会の事。
フィリピン中にあるホテル、レジャー施設の方々が集まり、世界から来ている我々旅行会社と、商談をする、という様な感じです。

福岡からは私のみ、その他にも東京、大阪等から多数の参加者がいらっしゃいました。

詳しいPHITEXの内容はまた別の会に書かせていただきます。






さて、9月3日、福岡発のフィリピン航空425便に乗り、フィリピンを目指します。




マニラ空港に到着。
最近のフィリピン航空のマニラ着時間早くないか~?

その後PHITEXスタッフと合流し、何やら輪っかを貰う私。「絶対に付けないとだめだよ!」と言われ付ける。



(※顔はこんな感じですが、内心テンションあがってます。)

自撮りをし、「うわ~~~!!!歓迎ムード凄い!嬉しい!」と思っていたのですが、輪っか付けてるの私だけでしたface07

その後送迎車でホテルに向かうが、フィリピン名物大渋滞が発生。毎度おなじみなので、慣れているが、同乗していた方は凄い疲れていた。(笑)

「15分経ってるのに全然進んでないよ!」と怒号にも似たような声が、時たま車内に響く。(笑)


そんなこんなで、9時過ぎに、宿泊先のマニラマリオットホテルに到着。



















綺麗過ぎて涙が出ました。

何かここで寝るのが申し訳ないくらい。




チェックイン後、カジノスペースにて開かれる、ディナー会に出席。

そこで今回の日本人のお世話約の男に出会う。

セブ島研修にて、弊社スタッフ亀澤のお世話もしてくれた人だ。




彼の名前はディエゴ、フィリピン政府観光省・大阪事務所のオペレーションアシスタント。推定身長160センチ。
フィリピン大学(フィリピンで言う所の東大)出身、母国語の他に、日本語・英語共に万能というかなり頭のいい人。

そんな華やかしい経歴を持ち、とても気さくで面白いディエゴだが、絡み方が面白い。(笑)

常に「何でそんな事言うの~。ダメでしょ♪」という様に少しオネエ系の絡み方?をしてくる彼。

「おいおい今回もおねえ系、又はゲイが出てくるのか?」と少し落胆したが、彼は普通の男性でした。

何か書き方に誤解を生みそうな気もするが、とにかくディエゴはとてもいい人だった。

これからお世話になります!


~続く~

Hope you all will have a wonderful day:)
See ya!  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 14:12Comments(0)