› ガリバー漫遊記

2016年11月19日

~自然療法ツアー in オーストラリア~ その②

ホテルに荷物を預け、土日限定で開催されている定番観光スポット、ロックスマーケットへ~








オーストラリアでもかなりの知名度を誇るこちらの市場。
200以上のお店が開かれており、多くの人で賑わいますface02

「雑貨、お土産等をお探しの方々は、こちらでほぼ揃ってしまう。」と言っても過言では無いほど、多くの品がありますface08











その後、当たりを散策face02










滞在先のロックス周辺にある、バーニーアンド・ブライ保護区には、オーストラリに春が来た事を告げる、
綺麗なジャカランタが咲いていましたface02












その後は皆様と一緒に、市内観光へ。










「本当にここはショッピングセンターなのか!?」と思うくらい内装が豪華な、QVBにも行きましたface05
ショッピングを楽しみながらも、観光が出来る、という一石二鳥スポットface02

観光客、現地人共に多く、オーストラリア限定Tシャツや、アボリジニデザインの小物もありますface02

オーストラリアに行かれる際はぜひ立ち寄って頂きたい場所ですicon100




その後は、森本千佳さんにご紹介して頂いた、パンケーキ屋さんへ。




皆様が美味しく食事を楽しまれている中、私は、ホテルの屋上に行き、




夜景を撮り、部屋に戻りカップラーメンを食べ、夜の街を少し歩き寝ましたとさ。(笑)

とても良い好スタートを切れました!face03

まだまだ続くシドニー添乗!


Hope you all will have a wonderful night!
See ya:)

  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 12:32Comments(0)

2016年11月09日

~自然療法ツアー in オーストラリア~ その①




こんにちは!
季節の変化に追いついていない、旅の漫遊 笠です!face01

この度私が添乗に行かせていただいた国は、皆様もご存知、オーストラリアはシドニー。
あまり良くご存知じゃない方は、「南半球 コアラ カンガルー」とインターネットで調べてください!face02


というのは冗談で、簡単にオーストラリア紹介。

~オーストラリア~
面積:約760万平方キロメートル(日本のおおよそ20倍face08
人口:2,405万人
首都:キャンベラ
昔は、イギリスの流刑地で、罪人達が島流しに合う際は、オーストラリアに連れていかれていたのだそうface07
面積の割に人口は上記のように少ないが、何と食料自給率は300%を超えているface08
シドニーは、日本とは反対の季節になるので、私が行った時は春になったばかりでした。


春の訪れを知らせるジャカランタface02



オーストラリアの簡単紹介も済んだ所で、早速内容に入っていきます!








まずは福岡から出発する方々とお会いし、いざゆかん!icon09







羽田空港着後、急いで国際線に乗り換え、シドニーへ!face02



私が今回素直に感動したのは、こちら・・・






さすが日系の航空会社!
機内にウォシュレットが付いてましたicon06
まあ私は使わないのですが(笑)、これでもう、「飛行機にウォシュレットがないから海外には行けない!」という方は大丈夫ですねface02




映画も充実しておりました(最近流行り?の、「君の名は」を見てうるっと来たのは内緒)。



空港着後、パスポートコントロール(入国手続き)!


「長い列に並んで、態度の悪そうな職員に色々質問されるんだろうなー。」と明らかに偏見チックな事を思っていた所、

誘導職員が、「日本人はこちらでーす。」という様に案内をしていた。

職員に案内されるがままに、進むと、目の前にはこれが。




「遠くて何が何か全然分からん。」と自分でも思いますので、説明します。
シドニー国際空港には、 ePassport Self Service と言って、限定された国の人々(例:アメリカ・カナダ・日本・韓国・中国、その他8カ国程)は、機械を使っての入国手続きが出来る様になっている。
機械にパスポートを入れ読み取らせ、その後「あなたは犯罪者ですか?」という、どストレートな質問や、「持込禁止の物を持ち込んでいないですか?」等の質問に答えた後、カメラ認証をされ、OKであればゲートが開き、入国、という感じです。

長い列に並んで、職員と喋って、という事をしなくて良くなるのです!
16歳以上とは書いてはあるが・・・。明らかに16歳じゃない日本人の子も並んでいたので、そこら辺はまだ適当なのか?(笑)

その後、チェックがかなり厳しい、という税関をすいすいと抜け、空港の外に出る私達。
良くテレビで見るキャリーバッグをバーン!と空けられたり等はなかった。(笑)



















バスに荷物を詰め込み、その後専用車でホテルのある、ロックス(Rocks)へ~face02

こちらロックスは、オーストラリア最初の入植地。石畳の道や、路地が残るこの町は、イギリスからやってきた囚人たちが作ったと言っても過言ではありません。砂岩でできたテラスやコテージ、シドニー最古のパブが並ぶなど、歴史を感じる事の出来る場所にあります。

今回はこちらのロックスを拠点に、楽しいご旅行の始まりなのであります!

続きはまた次回(^o^)

Hope you all will have a wonderful night.
See ya:)

  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:41Comments(0)漫遊

2016年09月14日

ふぃりぴん出張②

フィリピン出張2日目。

まずは朝市に出かける為、7時30分にロビーに集合。
「朝市で朝食を食べよう!」と意気込む私face02

メトロ・マニラにある、マカティのやや南西当たりに行く。
現地の人々は、ここら辺一帯を「レガスピ」と、別称で呼んでいるそうだ。
ここで毎週日曜日に開かれる「レガスピサンデーマーケット」
このレガスピサンデーマーケット、朝8時くらいから準備が始まり、午後2時くらいまで行われている。

お食事処等は早くから開き、雑貨屋さん等はぼちぼち開いていく様だ。







外観はこんな感じ。

ちなみに上記2枚に写っている、黄色い服を着た男が前回登場した、オネえ系のディエゴです。

では市場での私の雄姿をご覧ください。



さっそく美味しそうな揚げ物屋さんを発見!



サワガニ?の揚げたやつがあったので、買いました。うまそう!やっほーい!face03



足とかハサミが口の中で刺さりまくってめちゃめちゃ痛い・・・。だが美味しい!



色んな料理があります。



続いてはこちら!豚の血やその他臓器、肉等が混ざったもの!(笑) ※料理名を失念致しました
今回のフィリピン出張において、一番のゲテモノ料理!face07(笑)



臭いは・・・上手く表現できない。甘い?
色は・・・黒に近い茶色。



フォークですくってみると、凄いドロッとしてる・・・。face08









食べてみる・・・。








お、美味しかったです。真顔

味は何というか、無理やり濃い味付けにしている感じだ。

現地の人々はこれらをパンに付けたり、甘いもち米等と一緒に食べるそう・・・。

ここだけの話、あの豚料理?をパクパク食べるディエゴを見て、素直に関心したw

いやー、一口目は先入観もあったからか、凄い・・・まずかったです!(笑)





その他にもパクチーが強すぎる生春巻きや





ビタミンが豊富な有名果物「マンゴスチン」
タイでも食べました~




とても甘いよ!と言われ、やった!!!お口直しに良いじゃん!と大興奮な私。













「めちゃんこ酸っぱいやないかい!」と普通に日本語で突っ込んでいた私。周りの方々大爆笑。

そう、とても酸っぱかったんです。「あ~、ビタミン吸収してる。」という様にとても分かりやすくビタミンを摂取できました。
「甘い時もあれば、酸っぱい時もあるみたい。」と言われる。早く言いなさい!(笑)

その他にも、市場には様々なものが売られていました。



最近フィリピンで流行りのタイヤのバッグ。

本物の廃タイヤをバッグに再利用しているもの。

本気で買おうと悩む私w

聞いたところによると、この市場は、フィリピンでも中間層、もしくはそれ以上の方々が買い物に良く来る場所らしい。

確かに私が見ただけで、市場内に警備員が3人以上いるし、駐車場にも警備員がいる。
かなり安全な場所だ。

いや~、朝からかなり濃い経験をした私www

~続く~

Hope you all will have a wonderful night:)
See ya!!!



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:27Comments(0)漫遊

2016年09月10日

ふぃりぴん出張①




皆様お久しぶりでございます。

最近彼女が出来て、会社ではおとなしく、プライベートでは調子に乗っている、旅の漫遊の笠ですface03

先日行ってきた、フィリピン出張について書いていきます。

「笠は一体フィリピンに何をしに行っているのだろう?」

と思われた方もいらっしゃるかと思います。

中には、「フィリピンで美味そうなもの食いやがって。」だとか、「何かスーツ来てるけど、どうせ遊びやろ?」

という様に、友人から嫉妬心もありつつ、ストレートな連絡がちらほら送られてきました。楽しそうな写真をひとまず送り、無視を決め込む私。

毎回のように言いますが、やはり持つべきものは友ですね。(笑)


そんな事は置いといて、今回私は、フィリピンはマニラにておこなわれた、Philippine Travel Exchange (通称PHITEX)に参加致しました。

PHITEX実行委員会が主催しており、フィリピン観光省、フィリピン航空などが後援をしている、フィリピン最大の旅行商談会の事。
フィリピン中にあるホテル、レジャー施設の方々が集まり、世界から来ている我々旅行会社と、商談をする、という様な感じです。

福岡からは私のみ、その他にも東京、大阪等から多数の参加者がいらっしゃいました。

詳しいPHITEXの内容はまた別の会に書かせていただきます。






さて、9月3日、福岡発のフィリピン航空425便に乗り、フィリピンを目指します。




マニラ空港に到着。
最近のフィリピン航空のマニラ着時間早くないか~?

その後PHITEXスタッフと合流し、何やら輪っかを貰う私。「絶対に付けないとだめだよ!」と言われ付ける。



(※顔はこんな感じですが、内心テンションあがってます。)

自撮りをし、「うわ~~~!!!歓迎ムード凄い!嬉しい!」と思っていたのですが、輪っか付けてるの私だけでしたface07

その後送迎車でホテルに向かうが、フィリピン名物大渋滞が発生。毎度おなじみなので、慣れているが、同乗していた方は凄い疲れていた。(笑)

「15分経ってるのに全然進んでないよ!」と怒号にも似たような声が、時たま車内に響く。(笑)


そんなこんなで、9時過ぎに、宿泊先のマニラマリオットホテルに到着。



















綺麗過ぎて涙が出ました。

何かここで寝るのが申し訳ないくらい。




チェックイン後、カジノスペースにて開かれる、ディナー会に出席。

そこで今回の日本人のお世話約の男に出会う。

セブ島研修にて、弊社スタッフ亀澤のお世話もしてくれた人だ。




彼の名前はディエゴ、フィリピン政府観光省・大阪事務所のオペレーションアシスタント。推定身長160センチ。
フィリピン大学(フィリピンで言う所の東大)出身、母国語の他に、日本語・英語共に万能というかなり頭のいい人。

そんな華やかしい経歴を持ち、とても気さくで面白いディエゴだが、絡み方が面白い。(笑)

常に「何でそんな事言うの~。ダメでしょ♪」という様に少しオネエ系の絡み方?をしてくる彼。

「おいおい今回もおねえ系、又はゲイが出てくるのか?」と少し落胆したが、彼は普通の男性でした。

何か書き方に誤解を生みそうな気もするが、とにかくディエゴはとてもいい人だった。

これからお世話になります!


~続く~

Hope you all will have a wonderful day:)
See ya!  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 14:12Comments(0)

2016年05月31日

パラワン島

皆さんこんにちは!旅の漫遊の笠です。

ご無沙汰しております。

1人暮らしを始め、バタバタしているここ数日。
足の踏み場が無いくらい散らかってるし・・・。片付けのめどが見えないw
だが負けずに頑張ります。

周りの方々から、幽霊が出るぞ!と散々言われているので、
ブログにて、「ついに幽霊との交流始めましたw」なんて記事が出てくるのもそう遠くないかもしれません。(笑)


さて、今回はツアーのご紹介。


ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、弊社が始めた企画・・・




その名も!アイランドホッピングスタンプラリーなのであります!


フィリピン行きツアーに参加して頂き、見事トゥクトゥクスタンプ(1ツアーで1個のスタンプ)を全て集められた方には、
マニラ行き航空をプレゼント~~~!!!という、フィリピンをとことん楽しんで頂き、なおかつその後無料航空券まで手に入る、という
素晴らしいものになっております。







その重要な第一陣となる旅行がこちら・・・

























フィリピン・パラワン島5日間の旅!!!


パラワン島とは何だろう?という方の為に、どんな所かを簡単に説明させていただきます!

まず




パラワン島は、フィリピン南西に位置しており、

海がとても綺麗、という事で有名です。アメリカの旅行雑誌では、
世界で一番綺麗な海の一つに選ばれた事もあります。

中には「死ぬまでに一度は行ってみたい。」という人もいるほど綺麗な海がある島です。

今回のご旅行は、島内のプエルト・プリンセサを拠点にし、活動していきます。

このツアーの1番の見所、それは世界遺産地底河川ツアー(Underground River Tour)です。

世界で一番長い地底河川でありその長さはおおよそ8・3キロメートルと言われています。
その地底河川の、内部約1・5キロメートル進んでいくこちらのツアー。

内部は鍾乳洞があり、とても綺麗な川、自然が作りだす美しい景色を楽しんで頂けます。
子供・大人関係なく、冒険心をくすぐる事間違いなしです。









地底河川ツアーだけでなく、ホンダベイという海が綺麗な、アイランドホッピングもあるため、
7月にパラワンでとことん楽しみ、夏の思い出を作りましょう!

そして私が添乗員として行きますので、よろしくお願い致します!


Hope you all will have a wonderful night:)
See ya!!!

  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:02Comments(0)漫遊

2016年04月13日

頑張れ南美!

皆様今晩は。25歳になり立てほやほや、旅の漫遊笠です。

今回は私のいとこと行ってきた、プチ漫遊記について。










4月4日、私の誕生日の日にいとこの、笠南美(みなみ、以下みーちゃん)が福岡県の専門学校に入学した。

熊本からやって来て、今年から1人暮らしのみーちゃん。

彼女は笠家の専売特許、天然、マイペース、
という2つの武器?をしっかりと受け継いでいる気がする。笑


そんなみーちゃんから先日、

「トゥクトゥクに乗りたい!」と連絡が。

早速西山に、「いとこがトゥクトゥクに乗りたいと言ってるんですけど、乗せてあげていいですか?」と聞くと・・・、

「いいよ」と二つ返事ではないか!

という事で、みーちゃんをトゥクトゥクに乗せる事にface02

そして当日、「私の先輩も乗りたいって!」、「任せなさい!」というやり取りをし、2人を迎えに行く。







2人を拾った後、ふきやのお好み焼きを食べに。

土曜日だっただけに人が多く、結構並ぶ・・・。

待つ事20分程、ようやく席に付けた!face08

そしてようやくご飯!




「お好み焼き屋さんで焼きそばなんて・・・邪道過ぎる・・・。」という罵倒を浴びながらも気にせずに黙々と食べる私。
前から食べてみたかったんだからしょうがないじゃない。


昼食後、2人を三日月山公園へと連れて行く。

もう散ってはしまったが、桜がとても綺麗な場所face02












桜を一通り見終わった後、「今度は登山をしよう。」と提案。

すると、2人とも「うわ!すごい!行きたい!」
何ともノリが良すぎて若い18歳と19歳の2人。


山を登り始めた時に見えた看板。
「1300mの緩い道」
「400mの急な道」

と書いてある。

・・・・・・・・。

私「どっち行く?」
み「緩い方!」
先「400mやったらすぐに終わるじゃん!」
私・み「確かに~」face08




10分後・・・face02



はぁはぁ言いながら無言で歩く私達。

そうです。かなりキツい坂でした。face07(笑)

大した距離ではないのですが、3人とも黙々と歩き続け、頂上が見えてきたらテンションが上がりだすみーちゃん。
み「頂上だーー!!!達成感!」と大喜び。(笑)

そして頂上からはこんな景色が・・・。









2人とも、「登って良かった!!!」と大喜び。
景色も福岡の街、海が見える絶景。
これは穴場ですな。






トゥクトゥクにも乗れて満足したようだ。

良かった。(笑)

これから2年間頑張れいとこよ!!!

Hope you all will have a wonderful night:)
See ya!!!



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:46Comments(0)漫遊

2016年04月02日

台湾・高雄3日間②




台湾・高雄2日目。

出発が遅めなので、のんびりと過ごし、


本日の最初の観光地、澄清湖(ちょうせいこ)へ!

こちらの澄清湖、魔除けの橋と言われる、「九曲橋」があります。
名前の通り、九つの曲がり角があります。

それがこちら!




わ、分かりにくい・・・。

申し訳ありません。写真がこれしかありませんでした。(笑)


気を取り直して。
台湾では悪い物はまっすぐにしか行けない。と言われているので、曲がり角がこんなに多い橋を作ったのだとか。





その後は・・・

湖周辺を散策。



楽しく歩いたり



アップルマンゴーがなっている木を見つけたり






「安いよ~」、「お得だよ!」くらいしか日本語を知らない養蜂場のおじさんに、蜂蜜をごり押しされたり・・・。


とてもゆったりとした散策だった(笑)


その後、澄清湖を離れ、次はパワースポット蓮池潭(レンチタン)へ!




蓮池潭には、観光ガイドブック等にも必ず載っていると言っても過言ではない塔があります。

それが写真にある2つの塔。

龍と虎の塔です。

こちらの2つの塔。

龍の口から入り、虎の口から出てくるように入り口でも指示されています。

何故なのか?

それは、台湾において龍はとても良い動物とされ、虎は凶暴と言われています。

龍の口の中から入り(登龍門)、虎の口から出る事によって自分自身が行ってきた悪事そして災いが体より取れる、すなわち清められる、という意味があるそうです。



という事で、行ってきます。
(結構本気で、「運気上がります様に!」って祈っていました。)

















入ってみると意外とあっさり終わってしまったが、塔の上に登るとそこはまた違った風景が見えてくる。

この階段を登り足がパンパンになったが、登り終わった後はすがすがしい気分になれるのでとても良いface02


その後お昼ご飯を食べ、寿山(じゅざん)公園へ。













写真に写っている〇川さんも興奮しているのが分かる様に、高雄の街を一望できる素晴らしい場所だ。

その後夜はお客様とご飯を食べ、夜の街でぶらぶらしホテルへ。




皆様はゆっくり休まれていたのだが、

私は・・・



































深夜12時から出かけちゃいました。(笑)


タクシーの運転手と仲良くなった事で、夜の高雄の街をフリーで運転してくれる事にface03(笑)

英語が喋れる彼の友人と合流し、通訳をしてもらいながら、高雄の街を観光。









豆乳ジュースface02
甘くて美味しいface03



深夜2時30分の小籠包face06
めちゃ美味しかった。感動

















その時は突然来た。

というのも、道中英語が喋れるドライバーの友人から、
「彼は細くて背が高い男の人が好きなんだ。あなたは完璧に彼のタイプだね。」

と言われる私。ん?もはや慣れていると言っても過言ではないこの流れはもしや・・・。

その後、とても爽やかに「俺ゲイなんだ!」と告白するドライバー。

突然のドライバーが実はゲイで、私の事を好きだ宣言を受けびっくりし、「へーーー、そうなんだーーー。」ととても歯切れの悪い返事をしてしまう私。

しかし、アメリカ、タイ、フィリピンでゲイの人々を散々見てきた私は既に耐性が出来ている。

こんな告白を聞いた所で何のダメージもないのです!

むしろゲイの人は良い人ばかりだから大好きです。(友達として)

その後は3人でとても仲良く、恋愛話や日本と台湾の文化の違いを話したり、そのドライバーと英語が喋れる友人が元々付き合っていた。という話を聞いて驚いたりしながらも、夜中の3時30分にホテルに着いた。

今ではFacebookでも友達になっている彼ら。(笑)

これからも仲良くしていきたいものだ。(笑)


そうして台湾の夜は更け、日本に帰国。

以上台湾・高雄添乗でした!

最後の締め方が悪すぎますが、ご容赦をw

Hope you all will have a wonderful day:)
See ya!!!  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 13:00Comments(0)漫遊

2016年03月10日

台湾・高雄3日間①

みなさんご無沙汰しております!
旅の漫遊の笠です。
久しぶりの更新になってしまいました・・・。

今回の添乗は最近とても人気の台湾!
にある、高雄という都市に行ってきました。

久々の添乗でドキドキ・ワクワクしながらも、搭乗口に着くと、




おい~~~!!!(ノ ̄皿 ̄)ノ

「早速ディレイしとる・・・。」と1人で怒り心頭の私。


それでも時は過ぎるもので、桃園国際空港に到着!
これから頑張るぞ!


と意を決したら、




お、多い。ははは

まあこればっかりはしょうがないface07







その後ガイドと合流し、新幹線にて高雄へ行く為、桃園駅へ。




新幹線の切符・・・




エスカレーターを降り・・・










新幹線に乗り、




レッツゴーなのであります!








日本にいるのか?という様な景色が広がるが、遠目で見ると、台湾にいると分かる、中華風な建物達。

そして新幹線に揺られる事おおよそ1時間30分




台湾を縦断し、南部にある台湾第二の都市、高雄市に到着




新幹線を降りた後、ホテルに向かう我々一行。

そして今回宿泊するホテル、City Suites 城市商旅 に到着



フロントには英語・日本語が話せるスタッフが常駐しているので安心ですね。


綺麗な一階ロビー。


朝食会場

しばしの休息の後、皆様と一緒に食事、六合夜市の散策へ。

こちら私のお気に入りの写真。



ビートルズが横断歩道渡る時の写真みたいで気にいっています。笑

六合夜市に到着!!!


皆で散策











やはり海鮮が有名な事もあり美味しそうですね

その他にもお土産屋さんが多かったです。

食べ物は海鮮がメインでおいてあります。

他にも瑞豊夜市というのが高雄にはあるのですが、それはまたしばらくして紹介します。













その後ホテルに戻り、解散しぐっすりと眠る・・・

































はずもなく、お客様と一緒に飲みに行く私w




メニューを全く理解出来ずにお店に入ると、実はラーメン屋さんだったり。

旅はこういう面白いハプニングがあるのもいいですよね。笑




悪戦苦闘しながらも楽しくお店を3件程周りましたface02(笑)

どのお店もはずれは無かったので一安心。(笑)






こうして高雄の夜は更けていくのであった。


続く。


Hope you all will have a wonderful night:)
See ya!



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:54Comments(0)漫遊

2016年01月19日

寒くなんかない!

今晩は!

旅の漫遊の笠です!

ここ数日で急に寒くなりましたね。


最近の福岡の気温。




「寒い・・・寒い・・・。ベッドから出たくない・・・。」とずっと心の中でつぶやいている今日この頃。

しかしある事を思い出した。


それはアメリカ留学時の思い出。



とっさに携帯の写真を確認する私。

そして数多くある写真の中から見つけた。

それは
















-15℃!?


あの時の息をする度に肺がヒヤッとする感覚とは程遠いではないか!?

「あ、今日-7℃やん、あんまり寒くない。ラッキー♪」とか言っていた俺はどこに行ったんだ!?

何を2℃くらいでヒィヒィ言ってるんだ!?

そして外はこんな感じだっただろ!!!





あんなに笑顔で雪合戦してたじゃないか!

















しまいには友人達がご飯食べてる間に一人で、「手の感覚がない・・・」とか呟きながら雪ダルま作ってただろ!




このくらいで弱音を吐くな俺!!!

と自分に喝を入れた日なのでした。笑


Hope you all will have a wonderful night.
See ya:)



  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 21:58Comments(0)アメリカ体験談

2016年01月06日

インバウンド社員研修 その⑤

インバウンド研修最終日、残すはホテル見学のみ。

熱気球の余韻冷めやらぬまま、私達は旅館で朝食を取り、
(朝食の写真を撮るのを忘れた事はまた別のお話。)

鹿児島は霧島にある「天空の森」へ向かう私達一行。




皆でシカを探しながら昼食をとる。



「チキン南蛮カレー」

ご馳走様でした。
非常に美味でした。



そして私達は「天空の森」を目指し進む。










そしてようやく・・・



「天空の森」に到着なのであります!

そして今回私達を案内してくださる、
海外事業部の若松マネージャーが乗ってこられた車がこちら。



楽しそう!!!

こちらで天空の森内部をご案内して頂けるとの事。



出発進行~~~!!!



受付を通り過ぎ・・・



アヒル達から歓迎され・・・(食用ではありません。)

東京ドーム13個分の敷地を私達は進んで行きます。






めちゃめちゃ見にくいのですが、こちら段々畑でございます。笑
こちらでは、お客様に提供する御野菜を育てているとの事。
常に新鮮で美味しいお野菜が食べれます。



お2人で来られたお客様が川辺でランチ、くつろぐ事も出来る様に設置されたテーブルとイス。
さりげない気遣い。



ん?

若松さん、川に入って行っているんですが・・・



え?
まさか水陸両用なのか!?凄い!!





という事ではなく、こちらではお客様が泳ぐ事が出来るプライベートリバーの紹介でした。











そして私達一行はついにヴィラに到着したのであります。









とても解放感に溢れるヴィラ、温泉です。

東京ドーム13個分の敷地に宿泊用ヴィラは3部屋しかありません。

なので他のお客様に会う心配はないので、お客様が裸でうろうろしていても全く問題ないのだとか。笑

霧島の山々に囲まれており、大自然を、これでもか!と体験できる。

移動も朝食も電話1本で対応してくれる。

サービス精神豊富な接客が素晴らしいと感じます。

ちなみにご料金は1番高いヴィラで、お1人20万円。

松本さんのお話によると、「常連の方はだいたい連泊していきます。にっこり」

との事。

れ、連泊ですか。す、凄いですね。

としか言えなかった私。世界が狭すぎるicon41

しかし、こちらの天空の森、いつかは絶対に行ってみたいものである。

素っ裸になって、ハイジの歌でも歌いながら温泉につかれたら最高だろうな~。

こちらを訪日外国人観光客に、主力商品として売っていくのも面白いかもしれない。

インバウンド研修旅行編 ~完~

Hope you all will have a wonderful night!!!
See ya:)


  
  • LINEで送る


Posted by 笠達裕 at 18:47Comments(0)研修旅行